香川真司がレアル戦で「無力」だった理由

13日に行われたCLベスト16、レアル・マドリー対マンチェスター・ユナイテッドの1stレグに香川真司は先発出場した。だが、チームに貢献することができず、「無力」という厳しい評価も聞こえた。本来の力を発揮できなかったのはなぜなのか?

2013年02月15日(Fri)11時18分配信

text by 北健一郎 photo Kazuhito Yamada
Tags:

不利な状態でボールを受けてしまった香川


レアル戦で見せ場を作れなかった香川【写真:山田一仁】

 チャンピオンズリーグの決勝ラウンド1回戦の1stレグ、レアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッド戦。世界中から注目が集まった大一番にスタメン出場した香川真司だったが、見せ場を作ることはできなかった。

 確かに、香川の出来は良いとは言えなかった。立ち上がりこそ、DFラインの背後のスペースに飛び出す動きを見せたが、それ以降は効果的なプレーは少なく、リーグ戦で見せていたパス回しの潤滑油となる役割を果たすこともできなかった。

 翌日の現地新聞での香川への評価は軒並み低かったという。ギグスと交代する香川の写真の横に「無力だった」というコメントをつけたところもあったそうだ。香川のレアル・マドリー戦のパフォーマンスについて検証してみたい。

 この試合、何度もあったがDFラインから中央で縦パスを受けようとした香川が、背後から強烈なプレッシャーを食らってボールを失う場面だ。小柄な香川がレアル・マドリーの大型選手たちにまともに当たられれば勝ち目は薄い。

 ここで一つの疑問が残る。なぜ香川はこのようなボールの受け方をしてしまったのか?

 本来、香川は相手と相手の間でのレシーブを得意とする選手であり、真後ろにマーカーを背負った状態でパスを受けることは少ない。パスを受けたとしても、ワンタッチで近くの味方にはたくことがほとんどで、レアル戦のようにキープしようとすることはまずない。香川自身もそれが有効ではないことをわかっているからだ。

 だが、レアル戦では香川がキープしようと思わなければならない状況があった。マンチェスター・Uがアウエーということもあって守備的な戦い方で臨んだため、攻撃時の押し上げが非常に少なかったからだ。

1 2

新着記事

↑top