バルサを苦しめたビルバオのサッカーはいかにして生み出されたのか(前編)

2013年04月05日(Fri)11時35分配信

text by 編集部 photo Kazuhito Yamada
Tags:

働き過ぎなビエルサ。クラブハウスに自分の宿舎も作る

清水 練習を見ていた時もそうなんですけど、1対1のマンツーマンベースなので、攻守の切り替えの時に攻め残っている選手がいたりするとバランスが崩れちゃって、フリーの選手をどんどん使われてしまう。余っていたはずのセンターバックも飛び出さざるを得なくなり、そこに走り込まれるパターンも結構見受けられますね。

西部 欠点はすごくハッキリしています。例えば、1対1で対峙しているところに別の相手が外側を回ってくるとします。普通だったらマークをずらせばいい。でも、マンツーマンで付いていってしまうから、人が動いたスペースが必ず空いてしまう。ハッキリした弱点があって、2年目だから相手も全部知っている。だからやられているんだと思う。

――もう研究されてしまっていると。

西部 「こうすればビルバオのディフェンスは釣られる、スペースができる」ってわかっているから。

――それに対する対策はありますか?

西部 ないですよ。マンツーマンで付いてるだけだから。あとは頑張るしかない。このチームは、ビエルサという監督の性格が表れていると思います。この人、全く休まないもん。ワーカーホリックなんですよ。「少しここは遅らせて、守備を整えて」とか、そういうことはない。

マンツーマンで付いて、ボールが来たら潰しているだけ。休んでいる時間が全然ない。攻撃の時も少し落ち着けるためにキープすることはもちろんスペインだからやりますし、バックパスもやるんだけど、バルサみたいに相手をへばらせるとかいうのはないですね。

1 2 3 4

新着記事

↑top