抜群の安定感で評価を高めた酒井高徳 活躍の理由と内田超えに必要な課題に迫る

今季、ブンデスリーガでプレーする日本人で最も評価できる選手は誰だろうか。ブンデスリーガに精通する鈴木良平氏が名をあげたのは酒井高徳だった。酒井は何が優れているのか?

2013年05月20日(Mon)7時32分配信

text by 編集部 photo Ryota Harada
Tags:

酒井高徳は何が優れているのか?

20130520_sakai
一年を通してほぼレギュラーとして活躍した酒井高徳【写真:原田亮太】

 ヨーロッパの主要リーグでもっとも多くの日本人選手が所属しているブンデスリーガ。今季、彼らのプレーはどう評価することができるだろうか。ドイツのS級ライセンスを保持し、実際にブンデスリーガのクラブで指導歴のある鈴木良平氏に語ってもらった。

――今季のブンデスリーガでプレーした中でもっとも評価できる日本人選手は誰になるでしょうか?

「ニュルンベルクの清武弘嗣、フランクフルトの乾貴士も素晴らしい活躍をしましたが、私はシュツットガルトの酒井高徳だと思います。安定感があり、チームへの貢献度という意味では一番ではないでしょうか」

――彼はどんな点が優れているんでしょう?

「まずはフィジカルの強さですね。Jリーグでプレーしていたときからその片鱗は見せていましたが、ドイツへ移籍しても自分の武器が通用することを証明しました。ただ単純に体の当たりが強いだけでなく、一対一に負けない強さがあります。

 Jリーグだとディフェンスは周囲との連携やブロックを作るなど組織として守ることが多いですが、ブンデスリーガの基本的は一対一。彼としてもやりやすかったと思いますし、『一対一で何回勝ったか』というデータも集計しています。そこでの強さを発揮したことで評価を高め、ポジションを確保できたんでしょう」

1 2

新着記事

↑top