圧倒的な得点力を見せる風間フロンターレ。その攻撃力を支える、ダブルボランチの高度な機能性

2013年07月19日(Fri)12時27分配信

text by いしかわ ごう photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags:

浦和戦の3点目は圧巻の崩しだった

 風間監督の目指すサッカーは、ボールを大事にしてゴールに向かうことにある。「ボールを大事にする」と表現すると「ポゼッションサッカー」と思われがちだが、実はそこにこだわりは皆無だ。ミスなくゴールまで攻め切ることができるのであれば、それがカウンターだろうが、ポゼッションだろうが、スタイルは問わない。

 だからチャンスと見るや、大久保嘉人、レナト、中村憲剛の前線3人だけで攻撃を完結させる高速カウンターを発動し、それができないと判断したら、遅攻に切り替えて組み立て直す。要は、その両方の使い分けが重要なのだ。肝となっているのはボールを失わない技術であり、その自信が個々の選手達がポジションを流動的にしながらも、アイディアを感じさせる崩しにもつながっている。

 実際、浦和戦で見せた3点目は文句のつけようのない圧巻の崩しだった。丁寧にパスを回しながら、左サイドバックの登里享平が中央でポストプレーを行い、攻め上がってきたボランチの山本真希がシュートをゴールに突き刺し、前半だけでほぼ試合を決めてみせた。この流れには中村憲剛も大きな自信をのぞかせた。

「相手のセンターバックからすれば、あんな遠い位置で嘉人と俺がパス交換しているのに、ボールが来たら、前の前にはノボリ(登里)とマサキ(山本)が来ている……。そりゃ、ビックリするよね。でもあれも確信があってやっているから、決して水物じゃない。大事なのは、ボールを奪われないことだけだから」

 リーグ随一の得点力を誇るチームだけに、どうしても注目は大久保嘉人、レナト、中村憲剛の前線3人に注目が集まりがちだ。彼らが素晴らしいパフォーマンスを見せているのは疑いないが、チームとしての絶妙なバランスを保てているのは、別のところに要因があるという。

「ボランチの2人がすごいよ。あの2人がMVPでしょ」。

 中村憲剛はそう話す。ダブルボランチをつとめる稲本潤一と山本真希のことである。言葉を続ける。

1 2 3 4

新着記事

↑top