コンフェデと同じ役割を新戦力に課したザック。レギュラー陣を脅かす存在と言えるのは誰か?

2013年07月22日(月)13時56分配信

text by 西部謙司 photo Asuka Kudo / Football Channel
タグ:

活躍を見せた選手もいたがレギュラー陣を脅かす存在は?

 チームとしてはほとんど準備ができていないのだから、個々の選手の活躍も限定的にな らざるを得ない。しかし、制約がある中で及第点のプレーを見せた選手もいた。

コンフェデと同じ役割を新戦力に課したザック。レギュラー陣を脅かす存在と言えるのは誰か?
ボールタッチの上手さ、俊敏性、そして一種の狂気を秘めた才能の片鱗を見せた【写真:工藤明日香(フットボールチャンネル)】

 柿谷曜一朗はボールタッチの上手さ、俊敏性、そして一種の狂気を秘めた才能の片鱗を見せた。前田遼一のポジションを脅かす可能性を示したと思う。工藤も攻守に幅広く動き、相手ゴール前にも顔を出して得点も決めた。中国戦では柿谷よりも活躍した。だが、工藤の競争相手は強力な岡崎なので、さらなる活躍を見せつける必要があるだろう。

 他の選手たちも気持ちの入ったプレーぶりで、それぞれの力はそれなりに示した。高萩と原口はかなり頑張ったが、彼らのポジションにいるのが本田、香川であることを考えると物足りない。

 山口は長谷部のバックアップとして有力だと思う。青山は遠藤の代役として最も近い位 置にいる選手だが、あまり存在感は示せなかった。交代出場の高橋秀人とともに、残り2試合でのプレーで評価が定まってくるだろう。森重も今野に代わりうる選手かどうかといえば、中国戦だけではノーだ。あと2試合起用してどうなるか。

 ニューフェイスがそれぞれ力を示したのに対して、栗原勇蔵、駒野友一の代表常連組はかえって評価を落とすようなプレーぶりだったのは残念だった。槙野智章の攻撃は良かったが従来の評価を飛躍的に高めたとはいえない。GK西川周作は悪くなかった。ただ、彼の特徴であるビルドアップ能力の高さを示すような試合にはならなかった。

 次は豊田陽平の出番だろう。スーパーサブとしての齋藤学も引き続き様子見になると思われる。

【了】

関連リンク

柿谷曜一朗のジュニア時代
サッカー戦術サミット 一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

1 2

新着記事

↑top