サルコジ・プラティニとの政治的癒着。W杯開催権を金で買ったカタール

22年W杯が行われるカタール。それが決定された投票は果たしてすべて“清き票”によるものだったのか。票をめぐる癒着がフランスフットボール誌によって暴露されたのは今年1月。サルコジ、プラティニ、カタールによる不健全な三角関係、いわゆる“カタールゲート”の舞台裏に迫る。

2013年08月21日(Wed)11時20分配信

text by 小川由紀子
Tags:

【欧州サッカー批評8】掲載

プラティニを招いたサルコジ。すべてはそこから始まった

 13年1月29日に発売されたフランスフットボール誌は、サッカー界に大きな波紋を投げかけた。真っ黒い背景に大きく白抜きされた『QATARGATE』(カタールゲート)の文字。その強烈なインパクトと同様、22ページにわたって綴られた特集の中身も、衝撃的な内容だった。

 ここで語られているのは、カタールに与えられた22年のW杯開催権は金で買われたものであり、それにはUEFA会長のミシェル・プラティニと、当時のフランス国大統領、ニコラ・サルコジが関与していたということ。

 遡ること10年11月、サルコジは公邸であるエリゼ宮に、カタール国王子(今年6月に父ハマド首長から譲位)ハマド・ベン・カリファ・アル・ターニと、当時のパリ・サンジェルマン(PSG)会長セバスティアン・バザン氏、そしてプラティニを招いた。

 同誌によれば、このとき彼らの間で、当時経済難に陥っていたPSGをカタールが救済すること、カタールの国営放送アル・ジャジーラの傘下にあるスポーツ放送局(現BeINスポーツ)を、それまでカナル・プリュスが独占していたフランス市場に参入させること、そして、カタールが今後もフランス国内で投資を増やしていくことなどについて、約束が交わされた。

 そして、各方面へ多額の融資を受けることへの見返りに、W杯の開催地を決定する抽選会でカタールを支援するようサルコジ大統領がプラティニに要請した。これがフランスフットボール誌によって暴かれたカタールゲートの舞台裏だ。

 それから数日後の抽選会で、プラティニは約束どおりカタールに票を投じた。それまで、アメリカを支援していることを匂わせていたにもかかわらず、だ。

1 2

新着記事

↑top