グアテマラに快勝。1トップのポジション争いは柿谷がリードか【どこよりも早い日本代表採点】

2013年09月06日(Fri)22時10分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 植田路生
Tags:

どこよりも早い採点

西川周作 6 一つフィードでミスがあったが、それ以外は落ち着いていた。
森重真人 6.5 フィジカルの強さを攻守で発揮。パス出しも安定していた。
吉田麻也 6 試される一戦だったが、プレッシャーに負けることなくDF陣をまとめていた。
酒井高徳 5.5 反対サイドの長友とのバランスを上手くとっていたが、攻撃では不十分。内田の優位は揺るがない。
長友佑都 7 ハードワーク、正確なクロスとらしさを発揮。攻撃にアクセントを加えていた。
遠藤保仁 6.5 ここ最近では最も良いパフォーマンスだった。ボールへの寄せもサボらなかった。
長谷部誠 7 相手の弱さもあるが見違えるような出来。ダイナモとして十二分に機能。
清武弘嗣 5.5 香川との相性の良さで何度かチャンスを演出したが、決定的な仕事は出来なかった。
岡崎慎司 6 いつもながらの献身性でチームに貢献。いい裏への飛び出しがあったが、ゴールに結び付けられなかったのが残念。
香川真司 6.5 停滞した前半も違いをつくった。密集地帯でもプレーにブレがない。
大迫勇也 5.5 フォアチェックなどまずまずだったが、得点という結果を残すことは出来なかった。

柿谷曜一朗 6 技術の高さは見せた。しかし、本来の能力から考えるともっと出来る。
本田圭佑 7 圧倒的な存在感。彼への依存度は高いが、コンディションが良ければ彼以上の存在はいない。
工藤壮人 6.5 ゴール前へ積極的な飛び出し。1得点と結果を残す。
今野泰幸 6 急な3バックにも見事に対応。
青山敏弘 6 前線へのロングフィードなど意図を感じるパスを出していた。

ザッケローニ 6 3-0という結果は素直に評価していい。だが、大迫と柿谷を競争させたいのであれば、本田のいるときに大迫を起用すべきではないだろうか。

【了】

1 2 3

新着記事

↑top