指揮官も納得のナポリ戦完勝。快走を続けるアーセナルと厳しい宮市の立場

2013年10月02日(Wed)17時40分配信

text by 斎藤史隆 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags:

ベンチ外の宮市。今後の可能性は?

 圧勝の一つの鍵はアーセナルが必ずしも得意としていないプレスが効果的だったことだ。例えば2点目の場面。相手スローインに的確なプレッシャーをかけた結果、ミスを誘い出して得点につなげた。

 もう一つはエジルの存在。1カ月前にレアル・マドリードから移籍したドイツ代表はアーセナルでの初ゴールを挙げるだけでなく、1アシストも記録。プレミアリーグでも前節のストーク戦で3アシストを挙げる活躍している。

 プレミアリーグの開幕戦で敗れた後、アーセナルは公式戦10試合で9勝1分け。その牽引車の一人がエジルであることに疑いの余地はない。ベンゲル監督も言う。

「レアルで素晴らしい選手だと思っていた。獲得できて幸運だ」

 今季絶好調のラムジとともに現在の調子を維持できるなら、アーセナルの快進撃は簡単に止まらないかもしれない。

 一方、宮市亮はベンチ入りメンバーに入ることなく、試合後も足早にスタジアムを後にした。この日はロシツキーがけがから回復。宮市にはベンチ入りの枠は残っていなかった。今後もウォルコット、チェンバレン、カソルラといった2列目の選手が復帰すれば、ベンゲル監督が若手を登用するリーグ杯以外での出場は難しくなる状況が始まりそうだ。

【了】

関連リンク

激化するポジション争い。アーセナル快勝に貢献した宮市のライバル・18歳グナブリー
放出候補から貴重な2列目の駒へ。宮市亮の地位がアーセナルで格上げした理由
宮市はウォルコットになれるか? 成長の鍵を握る“右サイド”でのプレーが負傷を減らす可能性も
常軌を逸したイングランドの飲酒文化
アーセナル、その理想の行方

1 2

新着記事

↑top