「山口君はボランチとしていい選手」。細貝が語る代表レギュラーへの決意。新コンビ結成も?

ヘルタ・ベルリンで地位を確立し、代表へ合流した細貝萌。これまでベンチスタートが多かった細貝だが、当然レギュラーの座は狙っている。欧州遠征では山口も選出されており、彼とのコンビも考えられる。10月シリーズでの決意を聞いた。

2013年10月09日(水)16時12分配信

text by 元川悦子 photo Kenzaburo Matsuoka , Ryota Harada
タグ: , , ,

「代表に来た時にはしっかり意識を入れ替えてアピールしたい」

細貝萌
細貝萌は真摯な姿勢で10月2連戦に向かおうとしている【写真:原田亮太】

 2010年10月のザックジャパン発足以降、コンスタントに代表に名を連ねてきたが、遠藤保仁・長谷部誠の「鉄板ボランチ」の牙城を崩し切れなかった細貝萌。

 6月のコンフェデレーションズカップの時も「僕らサブは代表で試合に出ることがほとんどないし、今までずっと主力を脅かすことができなかった。だから、スタメンがいつも同じような感じになってしまっている」と悔しさを吐露した。

 唯一、チャンスを与えられたメキシコ戦でも、試合出場機会の少ない酒井宏樹、栗原勇蔵との連携の悪さからエルナンデスに先制点を献上。後味が悪いまま、ブラジルを後にすることになった。

 あれから4ヶ月が経過し、細貝は新天地・ヘルタへ移籍。2シーズン前にアウグスブルグでプレーした時の恩師、ヨス・ルフカイ監督のもと、絶大な信頼を勝ち取り、コンスタントにボランチで試合に出場している。

 この活躍もあって彼はボランチの感覚を取り戻し、自信を深め、今回の10月2連戦(11日=セルビア戦、15日=ベラルーシ戦)の代表復帰につなげた。

「レバークーゼンでプレーしていた時はスタメンで出た試合が8分くらい。途中からボランチでプレーした時間もありましたけど、今は自分が一番やりたいポジションで長くプレーできている。それはすごくいいこと。

 ヘルタの(ルフカイ)監督と代表のザックさんは戦術も違いますけど、ボランチの感覚というのは去年よりはいいし、スムーズにプレーできるのかなと思います。ただ、僕は代表に呼ばれるため、ポジションを奪うためにプレーしているわけじゃない。

 チームでしっかりプレーすることが代表にもつながってくる。だからこそ、今回も代表に呼んでもらえた。代表に来た時にはしっかり意識を入れ替えて、自分のやるべきことをやって、いいアピールをしたいですね」と細貝はいつも通りの真摯な姿勢で10月2連戦に向かおうとしている。

1 2 3

新着記事

↑top