C・ロナウド:「念のために交代しただけ」

2013年11月24日(Sun)11時01分配信


Tags: , ,

アンチェロッティも心配せず
アンチェロッティも心配せず【写真:goal.com】

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドは、23日に行われたリーガエスパニョーラ第14節アルメリア戦で負傷交代している。だが、同選手は心配するようなケガではないと明かした。

開始3分に先制点を挙げ、その後も決定機を手にして追加点に迫ったC・ロナウド。だが、後半に入って51分、脚を痛めてFWヘセ・ロドリゲスと交代し、ベンチに座らずそのままロッカールームへと引き上げた。

だが、C・ロナウドは試合後、「念のためでしかないよ。まったく特別なことではない。前半に蹴られて、筋肉を少し痛めていたんだ」とコメントしている。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。

また、カルロ・アンチェロッティ監督も次のように述べ、C・ロナウドのコンディションに心配はないと話している。スペイン『マルカ』が伝えた。

「彼はハムストリングに問題を抱えた。深刻なものではないようだ。痛みもないからね。すぐに回復するだろう。検査をしてみて、様子を見よう」

アルメリアに5-0と大勝したマドリーは、27日にチャンピオンズリーグでガラタサライと、30日のリーガ次節でバジャドリーと対戦する。

Goal.com

新着記事

↑top