ユナイテッド、終盤の失点で痛恨のドロー 香川はベンチ外

2013年11月25日(Mon)3時05分配信


Tags: , ,

元セレッソ大阪キム・ボギョンが劇的同点弾
元セレッソ大阪キム・ボギョンが劇的同点弾【写真:goal.com】

プレミアリーグ第12節のカーディフ・シティ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦が24日行われ、2-2の引き分けに終わった。MF香川真司はベンチにも入らず欠場となった。

足首を痛めたとも伝えられる香川はこの試合ベンチにも入らず。ファン・ペルシ、ヴィディッチもコンディションが思わしくなく、メンバーから外れた。

前半15分、相手のミスを突く形で先手を取ったのはアウェーのユナイテッド。最終ラインのターナーが左サイドに出そうとした弱いパスをバレンシアが奪い、素早くエリア内へパスを送る。チチャリートが触って左に流れたボールをルーニーが受けると、DFに詰められながらも反転からシュート。カーディフは3人がシュートコースに入ってブロックを試みたが、そこに当たってコースを変えたボールがマーシャルを欺いてゴールに収まった。

順調に先制点を奪ったユナイテッドだが、セットプレーの対応などに危うさを見せ、カーディフにシュートに持ち込まれる場面も目立つ。攻撃面でも攻めあぐねていると、33分には隙を突かれて同点ゴールを許してしまった。

メデル、ウィッティンガムがつないだボールを受けたマッチが、右サイドから裏を狙っていたキャンベルに絶妙なスルーパスを通す。これを受けて抜け出したキャンベルが冷静にデ・ヘアを破り、古巣相手のゴールで試合を振り出しに戻した。

そのまま同点で折り返すことになるかと思われたが、ユナイテッドは前半最後のチャンスを勝ち越しゴールにつなげることに成功した。ルーニーが自ら獲得したCKから正確なボールを上げると、ニアに飛び込んだエブラが強烈なヘッド。ユナイテッドが2-1のリードを奪って前半を終えた。

後半立ち上がりにはセットプレーからフェライニやスモーリングのシュートでゴールに迫ったユナイテッドだが、マーシャルの好セーブに遭いゴールならず。逆に54分には危ない形を許す。ユナイテッドのミスパスを拾ったキャンベルが巧みな浮き球でデ・ヘアの頭上を抜いたが、ボールは左ポストを叩いた。

両チームともにチャンスを生かせないながらも、そのままリードして終盤を迎えたユナイテッドはアウェーで勝ち点3を獲得するかに思えたが、アディショナルタイムにセットプレーからの失点を喫してしまう。殊勲の同点弾を決めたのは元セレッソ大阪の韓国代表MFキム・ボギョンだった。

後半途中から交代出場していたキムが、左サイドからウィッティンガムが上げたFKにヘディングで合わせてデ・ヘアを破る。プレミアリーグ初ゴールがカーディフに勝ち点1をもたらす値千金の同点ゴールとなった。

失点直後にはルーニーがマーシャルの目の前にフリーで抜け出す決定的なチャンスを迎えたユナイテッドだが、並走していたウェルベックに渡そうとしたボールが弱くなってしまい、マーシャルにボールを抑えられてしまう。そのまま2-2でタイムアップの笛を迎えた。

勝ち点1の獲得にとどまったユナイテッドは、リーグ戦の連勝が3でストップ。順位はひとつ下げて6位となり、首位アーセナルとの差は7ポイントに開いた。

Goal.com

新着記事

↑top