カーディフ監督:「ルーニーもメデルも退場に値せず」

2013年11月25日(Mon)13時05分配信


Tags: , , ,

ユナイテッド相手の勝ち点1には満足
ユナイテッド相手の勝ち点1には満足【写真:goal.com】

カーディフは24日、プレミアリーグ第12節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、ホームで2-2と引き分けた。マーキー・マッケイ監督は試合後、MFギャリー・メデルとユナイテッドFWウェイン・ルーニーは、それぞれ退場に値しなかったと話している。

ルーニーは序盤、カーディフMFジョーダン・マッチを後方から蹴り、ニール・スワーブリック主審からイエローカードを提示された。だが、ルーニーは退場になるべきだったという声も上がっている。

一方で、メデルが試合終了間際、セットプレーの際にユナイテッドMFマルアン・フェライニの顔面をはたいたことも注目されている。スワーブリック主審はメデルにイエローカードも出していない。

マッケイ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で、両チームとも退場者を出すに値しなかったとの見解を示した。

「(メデルが退場になることも)あり得たが、普段のフェライニがやっていること、誰かの顔に頭をぶつけていることを考えれば、私はそれも退場だと思う。試合中のフェライニのマークの仕方や腕の使い方だ。いつもではないがね」

「だが私は、全体として、両チームが11人同士で戦うことにふさわしかったことを喜んでいる。彼らは退場者を出すに値しなかった。そして、我々も同じだ」

ルーニーに先制点を許したカーディフは、FWフレイザー・キャンベルのゴールで一度は追いつきながらも、前半終了間際に追加点を奪われた。だが、終了直前のアディショナルタイム、MFキム・ボギョンが値千金のゴールを決め、勝ち点1を手にしている。マッケイ監督は試合について、次のようにコメントした。

「今日の我々は本当に良いプレーをしたと思う。チャンスをたくさんつくった。本当にうまくボールを回したよ。前半は今シーズンで最も完成されていたパフォーマンスじゃないかな。相手はチャンピオンだったんだ。だから、私は喜んでいる」

Goal.com

新着記事

↑top