米国連盟会長、クリンスマンのトッテナム行きを否定

2013年12月17日(Tue)20時18分配信


Tags: , , ,

ビラス=ボアス後任候補の一人に
ビラス=ボアス後任候補の一人に【写真:goal.com】

アメリカサッカー連盟のスニル・グラティ会長は、同国代表のユルゲン・クリンスマン監督がアンドレ・ビラス=ボアス氏の後任としてトッテナムの新監督に就任する可能性を否定している。

リヴァプールに0-5で大敗した試合を最後に、トッテナムはビラス=ボアス前監督を解任。様々な新監督候補が取りざたされる中、一部ではクリンスマン氏の名前も挙げられていた。

だが、アメリカ代表監督としてブラジル・ワールドカップに臨む準備を進めており、つい先日4年間の契約延長にも合意したばかりのクリンスマン氏が、米国を離れることはなさそうだ。イギリス『サン』がグラティ会長のコメントを伝えている。

「ユルゲンの成功が、米国国外からの興味を引きつけたという事実に気がついていないわけではない。したがって、彼に新たな長期契約を提示したのは、現実的に市場の動きを考慮した結果だった」

「スイス代表やトッテナムといった具体的な件が理由ではない。契約を通して、彼から長期的な協力関係を約束してほしいという希望が重要だった」

Goal.com

新着記事

FChan TV

↑top