守護神の取り合いになっているJリーグ移籍事情

2013年12月27日(金)8時00分配信

text by 編集部 photo Kenzaburo Matsuoka
タグ: , , ,

来季からJ1に復帰するガンバ大阪は守護神の獲得に

 となると、今度は仙台だ。

 仙台は清水から今季鳥栖に期限付き移籍して活躍した林彰洋の獲得に興味を示していると伝えられている。

 林彰洋は鳥栖からも残留オファーを受けているとされ、今後も注目されている。仙台と鳥栖は、西川の加入が決まった浦和から山岸範宏を獲得するのではないかとの報道もある。

 J1でのGKの玉突き移籍はもう一カ所。

 来季からJ1に復帰するガンバ大阪が守護神の獲得に動いていたことでも起こっている。

 長年ゴールマウスを守ってきた藤ケ谷陽介が今季限りで契約満了。そこで、かつてガンバの下部組織に所属していた新潟の東口順昭を獲得(すでに発表済み)。日本代表候補経験もあり、実力派と名高いGKを補強し、J1での復活を目指す。

 なお、東口を放出した新潟は、京都サンガからカターレ富山に期限付き移籍していた守田達弥を獲得。J2で実績のあるGKに期待するようだ。なおG大阪の藤ケ谷は来季からJ2のジュビロ磐田に移籍することとなっている。

 このゴールキーパー移籍の影響は、J2でも相次いでいる。専門性の高いポジションだけに今後も注目となりそうだ。

【了】

関連リンク

Twitterで謎行動。日本のバロテッリ、古巣へ復帰か

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

1 2

新着記事

↑top