守護神の取り合いになっているJリーグ移籍事情

「まるで玉突き移籍」。今オフのJリーグでは、各クラブでゴールキーパーの移籍が相次いでいるため、そんな風に表現された事態が起こっている。

2013年12月27日(金)8時00分配信

text by 編集部 photo Kenzaburo Matsuoka
タグ: , , ,

守護神の取り合いになっているJリーグ移籍事情
西川周作【写真:松岡健三郎】

 「まるで玉突き移籍」

 今オフのJリーグでは、各クラブでゴールキーパーの移籍が相次いでいるため、そんな風に表現された事態が起こっている。

 ことの発端は、サンフレッチェ広島の西川周作である。

 優勝クラブであり、さらに日本代表でもある彼が浦和レッズへの移籍が濃厚。ここからゴールキーパーの大移動が始まったのである。

 西川周作の移籍が濃厚となったことで、広島の後釜が注目されている。そこで白羽の矢が立っているのは日本代表経験があり、広島にも在籍経験のある仙台の林卓人。広島は彼をリストアップしていると伝えられている。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

1 2

新着記事

↑top