ブルース、オウンゴールのチェスターを擁護

2013年12月27日(Fri)5時00分配信


Tags: , , ,

ミスの多さを嘆く
ミスの多さを嘆く【写真:goal.com】

26日に行われたプレミアリーグ第18節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎えたハル・シティは、2ー3で敗れた。スティーブ・ブルース監督は、DFジェームス・チェスターを擁護している。

ハルは13分までに2点のリードを奪い、最高のスタートを切った。しかし、相手FWウェイン・ルーニーを抑えられず前半のうちに追いつかれると、後半にチェスターがオウンゴール。ハルは勝ち点を得ることができなかった。

ブルース監督のコメントを、イギリス『BBCスポーツ』が伝えている。

「彼は自分のゴールに決めてしまった。耐えなければいけないね。彼はまだ若い選手だから、これを乗り越えていく」

「我々は、大事な時間帯に多くのミスをしてしまった。後半は何度もチャンスがあったが、ミスをしてしまったんだ。マンチェスター・ユナイテッドのようなチームを相手にこういったことがあると、やられてしまうものだね」

Goal.com

新着記事

↑top