100得点達成のカカー 「次は200ゴールを」

2014年01月07日(Tue)12時07分配信


Tags: , ,

自分は終わった選手ではないと誇り
自分は終わった選手ではないと誇り【写真:goal.com】

ミランMFカカーは6日、アタランタ戦で2ゴールを挙げ、ミランでの通算得点記録を101ゴールに伸ばした。大台を突破した同選手は、喜びをあらわにしている。

前半に先制点を挙げ、100ゴールの記録を達成したカカーは、チームが苦しんでいた後半にも勝利を確実にする追加点を奪取。新年初戦で素晴らしいパフォーマンスを披露した。

カカーは試合後の会見で次のように話している。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

「本当にたくさんのことをやってきたと思う。すべてがとても素晴らしい。このクラブの歴史の一部となれてうれしいよ。それに、ジャンニ・リヴェーラの名前に並ぶなんて…」

「すべてのゴールが感動的だ。それぞれの歴史がある。何試合か前からこのゴールが決まるのを待っていた。今年最初の試合で決まってくれたね。特別な感動だ。今日は最高だよ。サポーターのチャントを聞くたびに、すごく気持ちがたかぶる。自分が彼らの心にいるんだと感じられるからだ。そのチャントを2度聞くことができて、今日は2014年を最高の形で始められたよ」

ミランに復帰した今季、素晴らしい活躍を見せているカカー。かつての輝きを取り戻しつつある同選手の目標は、母国ブラジルでのワールドカップ出場だ。

「出られるかどうかは分からない。自分が終わった選手だと思ったことはなかった。マドリッドでは本来のレベルになかったけど、自分を取り戻そうとずっと仕事をしていたよ。レアル・マドリーの人たちも、自分がプロフェッショナルだと認められるはずだ。このレベルに戻れる自信はあった」

さらに、カカーはすぐに今後の目標にも言及している。

「新しい目標としては、すぐに200ゴールのことを考えたい。ただ、まずは110ゴール、120ゴールと考えていく方が良いだろうね。ミランの歴史にこういう軌跡を残せるとは思っていなかった。このチームに来る人たちの模範になりたい。『背番号100』のユニフォームは、しばらく前から用意していて、ベンチにあったんだ」

Goal.com

新着記事

FChan TV

↑top