パウリーニョら新加入選手をお披露目した川崎。社長はタイトルを熱望

2014年01月14日(Tue)18時00分配信

text by いしかわ ごう photo editorial staff
Tags: ,

補強の目玉であるパウリーニョの目標としていた選手は?

 サンバのリズムに乗って入って壇上にたどり着けるか懸念していた風間監督だったが、「新年最初の仕事は緊張するものですが、今年は良い年を迎えられそうです」と挨拶し、サポーターの笑いを誘った。

 6選手が新たに加入したフロンターレだが、今季の補強の目玉と言える存在といえば、栃木SCから加入したブラジル人・パウリーニョだろう。

 昨年のプレシーズンマッチでも対峙し、強い存在感を放っていたのは記憶に新しいところ。ボール奪取力に優れたこの中盤の屈強な狩人は、目標としていた選手について聞かれると「ドゥンガです。素晴らしい役目をしていました。気質はあるかもしれませんが、そこまではなれません。

 たぶんドゥンガと同じような人間はいないのではないでしょうか(笑)」と笑顔で話していた。

 昨年リーグ3位に入ったことでACLにも出場する。武田社長は、リーグ、天皇杯、ナビスコ杯を含めた4大タイトルのうち、「少なくとも1つのタイトルは取ってほしい」と目標を掲げている。

【了】

関連リンク

仕掛け人に聞く、川崎フロンターレはなぜピッチ外でも熱狂を生み出しているのか?
「必要だから使っただけ」。引退の伊藤に風間監督がこれ以上ない賛辞

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

1 2

新着記事

FChan TV

↑top