昇格組の徳島と讃岐がともに開幕から6連敗! 四国に夜明けは来るか

4月5日にJ2リーグ第6節、6日にJ1リーグ第6節が開催された。

2014年04月07日(月)15時49分配信

text by 編集部
タグ: , ,

昇格組の徳島と讃岐がともに開幕から6連敗! 四国に夜明けは来るか
徳島ヴォルティス公式ホームページより

 4月5日にJ2リーグ第6節、6日にJ1リーグ第6節が開催された。

 第6節を終えていまだ光明が見えないのが昇格した四国勢の2チームである。そろって開幕6連敗を喫して最下位だ。

 J1の徳島ヴォルティスは、ホームで川崎フロンターレと対戦。試合前から吹きすさぶ強風を考慮し、後半を風上で有利に進めようと、試合前のコイントスで勝つとコートチェンジを行ったが、前半はこれが裏目に。相手のクロスからオウンゴールで失点すると、その直後には大久保嘉人の風にのった豪華なミドルシュートを決められて2失点。

 後半もまるで反撃ができず、結局、0-4と大敗。90分を通じて放ったシュートは、後半ロスタイムの一本だけという完敗だった。前節でJ1初得点を記録し、次は「初の勝ち点を」と意気込んでいたサポーターも多かっただけに、J1での厳しい洗礼を浴びている格好だ。

 J2に昇格したカマタマーレ讃岐も同様だ。ホームで栃木SCと対戦し、0-1と惜敗。こちらは終盤まで0-0でスコアが進み、チームとしても粘り強い守備と時折鋭いカウンターを見せており、勝ち点の獲得まではほんの少しだった。それだけに86分に栃木のFW瀬沼優司に決勝弾を許したことが悔やまれる。

 いずれにせよ、両クラブとも開幕6連敗という厳しい事実は変わらない。四国のクラブに夜明けは来るのか。

【了】

関連リンク

サポーターは敵か味方か?
ワンランク上のJリーグ観戦術

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

↑top