ユベントス会長、インテル名誉会長を辞任したモラッティ氏に皮肉。「勝ち取っていないタイトルを手に入れた」

2014年10月25日(Sat)8時23分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ユベントス会長がインテル名誉会長を辞任したモラッティ氏に皮肉。「勝ち取っていないタイトルを獲得した」
ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長【写真:Getty Images】

 インテルは現地時間23日、前会長であるマッシモ・モラッティ氏が名誉会長を辞任したことを発表した。20年以上にもわたってインテルに愛を注いできたモラッティ氏が、ついにインテルの運営から離れることとなった。

 このニュースを受けて、ライバルクラブであるユベントスのアンドレア・アニェッリ会長が記者会見でコメントを発した。イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。

 アニェッリ氏は、「モラッティはインテルに大きな大きな愛を捧げたね」と、同氏のクラブ愛を讃えたものの、「その愛情は勝ち取っていないタイトルを引き寄せるほどだった。我々はカルチョと自らのクラブを愛する重大な人物を失った」と、皮肉を語った。

 ユベントスは2006年に発覚したカルチョーポリ(審判買収疑惑)によって、04-05シーズンならびに05-06シーズンのセリエA優勝を剥奪。05-06シーズンの優勝は2位のインテルが繰り上がりで獲得した。

 カルチョーポリは現在も裁判が進行中で、最終的な結論は未だ出ていない。ユベントスは剥奪された2シーズンの優勝が正当なものであったことを主張している。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top