エジマール、C・ロナウドを恨まず「誰にだって起こり得る。彼は世界最高」

2015年01月25日(日)13時30分配信

photo Getty Images
タグ: , , , ,

20150124_edimal_getty
C・ロナウドに蹴られたエジマール【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間24日にアウェイで行われリーガ第20節コルドバ戦の後半、暴力行為によって退場となった。同選手は試合後、ツイッターを通して謝罪した。

 蹴りを受けたコルドバのDFエジマールは試合後「問題は全くない、許すよ。クリスティアーノに反対する要素は何もない、僕にとっては世界最高の選手だ」と、C・ロナウドを恨んでいない姿勢を示した。スペイン紙『マルカ』が24日に伝えている。

「彼は偉大な選手であり、こういうことは誰にだって起こり得る。フラストレーションを感じており熱くなっていただけだ。物事も上手く行っていなかったし焦りがあった」と、ロナウドの行為を理解する姿勢を見せた。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top