がん克服のグティエレス、ニューカッスルで11ヶ月ぶり公式戦出場

2015年03月05日(Thu)22時50分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

がん克服のグティエレス、ニューカッスルで11ヶ月ぶり公式戦出場
カーヴァー監督と笑顔で握手をかわすMFグティエレス【写真:Getty Images】

 ニューカッスルに所属する元アルゼンチン代表のMFホナス・グティエレスは、4日に行われたプレミアリーグ第28節のマンチェスター・ユナイテッドとの試合で、がん治療後初の公式戦出場を果たした。

 31歳のグティエレスは2014年に精巣がんを患っていることを告白し、母国アルゼンチンで闘病生活を送っていた。11月には治療を終えて、病気を克服。12月のU-21プレミアリーグの試合で実戦復帰を果たし、順調な回復を見せていた。

 グティエレスはユナイテッド戦の65分にDFライアン・テイラーに代わってピッチに登場。DFファブリシオ・コロッチーニからキャプテンアームバンドを渡され、会場に詰めかけたサポーターから大きな拍手で迎えられた。

 英紙『デイリー・メール』でニューカッスルのジョン・カーヴァー監督は「先発で起用するべきだったよ。彼の登場で観客は活気を取り戻した。スタジアムの屋根が落ちてきそうなほどにね。グティエレスはピッチ上を駆け回り、彼らしいプレーを見せてくれた」と同選手の復帰を喜んだ。

 グティエレスがニューカッスルの本拠地で試合に出場したのは17ヶ月ぶり。公式戦の出場はノーリッジにローン移籍していた2014年4月5日のウェスト・ブロムウィッチ戦以来11ヶ月ぶりとなった。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

本当に強くなるために必要なこと
サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top