スペイン4部リーグに“コアラ”と呼ばれる選手が出現。その由来とは?

スペイン4部リーグのCDクアルテで主将を務めるDFダニエル・ナダレスの“コアラ”と称される守備が話題となっている。1日の英紙『メトロ』などが報じた。

2015年04月02日(Thu)15時30分配信

text by 藤井重隆 By Shigetaka Fujii
Tags: , , , ,

スペイン4部リーグに“コアラ”と呼ばれる選手が出現。その由来とは?
アルゼンチンの大手メディア『トド・ノティシアス』より

 スペイン4部リーグのCDクアルテで主将を務めるDFダニエル・ナダレスの“コアラ”と称される守備が話題となっている。1日の英紙『メトロ』などが報じた。

 ナダレスは29日にホームで行われたCDテルエル戦で、相手コーナーキックの際、ニアポストによじ登り、相手のシュートが上隅に決まるのを防ぐ独特な守備をした。試合は1-3で敗れたものの、ナダレスはアルゼンチンの大手メディア『トド・ノティシアス』に対し、自身の珍プレーについて次のように話した。

「コーナーの時、相手にはかなり背の高い選手がいたから、僕らは何とか守っていた。僕が対応策として思いついたのはポストによじ登ることだった。あの時は本能的に登っていたし、二度とやらなかった。試合後にルールを確認したら、あのプレーはファウルだと知った。僕の同僚はあのプレーを分かってくれたけど、バカにされた」

 なお、この珍プレーは審判に見逃されたためお咎めなしに終わったが、試合後ナダレスには“コアラ”という新しい愛称が付けられたという。

【了】

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

FChan TV

↑top