イタリア下部リーグで八百長疑惑。50名以上が逮捕か

2015年05月20日(Wed)12時00分配信

photo Getty Images
Tags:

イタリア下部リーグで八百長疑惑。50名以上が逮捕か
イタリアのサポーター【写真:Getty Images】

 イタリアのレガ・プロ(3部)とセリエD(4部)で八百長疑惑が浮上した。

 ASNA通信によれば、イタリア南部のカラブリア州を拠点にしているマフィア、ンドランゲタ主導の下部リーグで八百長が行われ、現地19日に50人以上が逮捕された。また、70人以上の調査対象者がいることも明らかになった。

 地元検事は、今シーズンに開催された28試合で疑惑があり、30クラブ以上が絡んでいることを証言。さらに、クラブ関係者以外にも警察官1名が関与していることも発表した。

 イタリアサッカー連盟(FIGC)のカルロ・タヴェッキオ会長は「この事件によって組織の名誉が傷つけられた。体制を立て直したい」とコメント。また、イタリア・サッカー選手会のダミアーノ・トンマージ会長は「アマチュアの試合に対する賭博の合法化は危険だった。160以上のクラブが存在し、放映もされていないからね。彼らを監視することは難しい」と苦言を呈した。

 イタリアでは近年、八百長問題が次々と発覚しており、2006年5月にはユベントスがセリエB降格や勝ち点&スクデット剥奪の処罰を受けている。

【了】

新着記事

↑top