欧州フットボール批評03 欧州主要20クラブ 新シーズンの陣容診断

欧州フットボール批評03 欧州主要20クラブ 新シーズンの陣容診断


発売日:2015年8月17日
定価:1242円(本体1150円)

この本を購入する

お得な定期購読

目次

MSNこと南米トリデンテの力を最大限に発揮させる戦いで3冠を達成したバルセロナは、ペップ・グアルディオラ元監督の時代を凌駕する黄金時代を築き上げるのだろうか。はたまたドイツ南部のクラブを率いるカタルーニャ人監督が、ヨーロッパのフットボール史に再び名を刻むのか。圧倒的な強さでプレミアリーグを独走したチェルシーは、ヨーロッパの舞台でもその強さを発揮するのか。主力が一気に抜けた感のあるユヴェントスは、昨シーズンの再現ができるのか。ヨーロッパ・フットボールの最前線を、“5大リーグ20クラブ”の動向から垣間見ていく。

【特集】欧州主要20クラブ 新シーズンの陣容診断

■リーガ・エスパニョーラ
バルセロナ/レアル・マドリー/アトレティコ・マドリー/セビージャ/バレンシア

■プレミアリーグ
チェルシー/アーセナル/マンチェスター・シティ/マンチェスター・ユナイテッド/リヴァプール

■ブンデスリーガ
バイエルン・ミュンヘン/ドルトムント/シャルケ04

■セリエA
ユヴェントス/ローマ/ラツィオ/ナポリ/インテル/ACミラン

■リーグ1
パリ・サンジェルマン

———-

[EXCLUSIVE INTERVIEW]
チャビ「バルサこそが僕の家だ」
●トニ・フリエロス、江間慎一郎

[INTERVIEW]
ルチャーノ・モッジ(元ユヴェントスGM)
カルチョを支配した男の“最恐”GM論
●クリスティアーノ・ルイウ、宮崎隆司

誰のためのファイナンシャルフェアプレーか?
新ルールが生む格差固定のスパイラル●小川由紀子

[サッカー右翼とサッカー左翼]
カテナチオは死なない!/サッカーにおける“右派”の系譜
●西部謙司

[INTERVIEW]セサル・ルイス・メノッティ(元アルゼンチン代表監督)
左派の賢人が愛するポゼッション
●トニ・フリエロス、江間慎一郎

コソボサッカーの混沌
FIFAもUEFAも加盟を認めていない国が歩む道
●木村元彦

[INTERVIEW]
ロメオ・ヨザク(クロアチア・サッカー協会テクニカルディレクター)
次世代の才能を磨く3ファクター
●長束恭行

もうひとつの欧州選手権
FIFA非加盟協会が目指す、持続可能な国際大会の運営
●実川元子

悲願のEURO出場へあと一歩
北アイルランド代表30年越しの夢
●マイケル・チャーチ、山中忍

ザッカルチョ Calcio tele ホンマヨシカのイタリアサッカー番組“観戦記”
●ホンマヨシカ

新着記事

↑top