サッカー通訳戦記

サッカー通訳戦記


発売日:2016年5月18日
定価:1728円(本体1600円)

この本を購入する

目次

すべてを知っている男たちはいま、何を語るのか?
サッカー通訳しか知りえない、代表監督たちの秘話。

歴代サッカー日本代表監督の通訳からJリーグで活躍した助っ人選手&名将の通訳まで、サッカー通訳たちが明かす日本サッカー史に残る激闘の秘話と通訳としての生き様を描く重厚なノンフィクション。

加部究(かべ・きわむ)
立教大学法学部卒業。ワールドカップは男女合わせて7度、欧州カップファイナルは10度、各大陸選手権は8度取材のサッカージャーナリストの第一人者。『サッカーダイジェスト』(日本スポーツ企画出版社)などで連載中の。おもな著書に『サッカーを殺すな』『サッカー移民』『大和魂のモダンサッカー』(以上双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)、『忠成』(ゴマブックス)、『真空飛び膝蹴りの真実』(文春ユネスコ)などがある。

新着記事

↑top