リバプールDF、妻の浮気によりEURO出場を断念していたことが発覚

2016年08月08日(Mon)19時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

デヤン・ロヴレン
リバプールのDFデヤン・ロブレン【写真:Getty Images】

 リバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンは、妻の浮気によりEURO出場を断念していたようだ。7日にイタリアの『カルチョメルカート.com』が報じている。

 妻のアニタさんが元パートナーのダリオ・トルビッチ氏と未だ関係が続いていたことに気付いたロブレン。そこで、妻と復縁しようにするために予定していたEURO2016への出場を断念する決意をした。

 夫婦の関係に亀裂が入ったきっかけは、アニタさんがダリオ氏と再会し、両者がクロアチアの首都ザグレブまで旅行するようになったことだという。そこでロブレンはクロアチア代表のアンテ・チャチッチ監督と口論し、あえてEURO2016への招集から落選することで、同大会が開催される6月に妻とバカンスをする計画を立てたと報じられている。

 それにより、アニタさんは愛人と別れ、2名の子供をもうけたロブレンと復縁することを決断。一方で、そのことを知ったクロアチア代表サポーターはEURO出場を断念した同選手を批判したが、ロブレンはその批判を無視し、結局家族の絆を修復することに成功している。

 無事妻と復縁できたロブレン。クロアチア代表はEURO2016の決勝トーナメント第1戦でポルトガル代表に敗れてしまったが、同大会への出場を断念した甲斐はあったようだ。

【了】

今、あなたにオススメ
Recommended by

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top