プレミアリーグ、3年769億の放映権契約を中国企業と締結へ。海外向けとしては最高額

2016年11月18日(Fri)19時01分配信

photo Getty Images
Tags: ,

張近東
蘇寧電器グループ会長の張近東氏【写真:Getty Images】

 プレミアリーグの放映権も中国マネーによって買われることになるようだ。18日、英紙『ガーディアン』が報じている。

 放映権の獲得に動いているのはライブストリーミングなどで配信を行っている中国の「PPTV」。2019/2020シーズンからの3年契約で7億万ドル(約769億円)の放映権料。この金額は海外向けの放映権の契約としては最大のものとなる。また米経済通信『ブルームバーグ』によると、650億万ドル(約720億円)以上の金額となるようだ。

 英放送局『BBC』は「プレミアリーグとPPTVが契約に合意をした」と報じている。

 PPTVは蘇寧電器グループが運営している。サッカー界にも積極的に進出している蘇寧電器グループはラミレスやアレックス・テイシェイラを獲得した江蘇蘇寧の親会社であり、今年セリエAのインテルの筆頭株主となった。

 中国は習近平国家主席の主導の下、スポーツ界におけるプレゼンスを高めようとしており、ヨーロッパのサッカークラブを買収する動きが目立っている。プレミアリーグでは8月にウェスト・ブロムウィッチが中国企業のグループ傘下に入っていた。

【了】

新着記事

↑top