「鹿島がナシオナルに勝つとは…」。ハメス、母国クラブの敗退に驚き

2016年12月17日(土)9時01分配信

photo Getty Images
タグ: , , , ,

ハメス・ロドリゲス
レアル・マドリーのハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーのハメス・ロドリゲスは、クラブワールドカップ(CWC)で母国のアトレティコ・ナシオナルが鹿島に敗れたことに驚きを感じているようだ。16日、スペイン紙『アス』が報じている。

 母国コロンビアメディア向けに口を開いたハメスは、「鹿島がナシオナルに勝ったのは驚きだった。あの試合を見たが、ナシオナルは楽にゲームをしていた。5ヶ月に1度あるようなゲームだった。もし、今日試合をすれば彼らが勝っていただろう。おかしなゲームだったし、気の毒だ。ナシオナルと決勝で対戦したかったが、これもサッカーだ。サッカーとは時に不条理なものだ」と述べる。

 またハメスは、準決勝のクラブ・アメリカ戦を「試合にはうまく入らなければいけないものだ。もし、それを間違えたら、彼らがゴールを奪っていた。まさにナシオナルが陥ったようにだ」と振り返る。

 そして、決勝に向けては「ファイナルでもプレーしたい。そしてタイトルを獲りたい。今のいい流れが続くようにと願っている」とコメントしている。

 最後に、自身の現状について「マドリーのようなクラブでプレーしたいと思う者は、このチームがタイトルを勝ち取らなければならず、常に勝ってきたということを理解していなければならないのだ。私はこのチームで幸せを感じている」と述べた。

【了】

新着記事

↑top