バレンシアのプランデッリ監督がわずか3ヶ月間で電撃辞任! 補強面でクラブと衝突か

2016年12月31日(Sat)7時41分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

チェーザレ・プランデッリ
辞任したチェーザレ・プランデッリ監督【写真:Getty Images】

 バレンシアは30日、今年9月28日にバレンシアの新指揮官に就任したイタリア人のチェーザレ・プランデッリ監督が辞任を表明したことを発表した。後任には、解任された前任のパコ・アジェスタラン監督の後任として暫定監督を務めていた、サルバドール・”ボロ”・ゴンサレス氏が、再び指揮を執ることになったことも合わせて発表されている。

 今季リーガ開幕から4連敗と最悪のスタートを切って解任された前任のアジェスタラン監督の後任として招聘され、2018年6月までバレンシアと契約を結んだプランデッリ監督。デビュー戦となったリーガエスパニョーラ第8節のスポルティング・ヒホン戦を勝利で飾り、幸先の良いスタートを切ったかのように思われていた。

 しかしそれ以降は勝利がなく、これまでリーグ戦8試合で得た勝ち点は僅か6のみ。低迷の続くチームは、降格圏間際の17位に沈んでいる。

 スペイン紙『マルカ』などが報じるところによると、プランデッリ監督は巻き返しを図るべく選手の補強を求めていたものの、今冬に補強を行うことを約束していたクラブは、選手を売却しない限りファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則に抵触するとして、プランデッリ監督が求めたとされる26歳以上の5名の選手の獲得は不可能だと返答したとのこと。これが原因で、プランデッリ監督は辞任に踏み切ったのではないかと報じられている。

 この4年間で10人の監督が交代したバレンシア。かつての名門は一体どこに向かおうとしているのだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top