ピルロ、引退後もサッカーの世界に残ることを断言「まだ情熱に溢れている」

2017年01月19日(Thu)9時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

アンドレア・ピルロ
ニューヨーク・シティに所属するアンドレア・ピルロ【写真:Getty Images】

 メジャーリーグサッカーのニューヨーク・シティに所属する元イタリア代表MFアンドレア・ピルロは、現役引退後もサッカーに携わる仕事に就くつもりのようだ。18日付の伊紙『ラ・レプッブリカ』が報じている。

 ミランやユベントスで活躍したピルロは、2015年7月にNY・シティに加入。そして、今年12月31日に契約期限を迎えるピルロにとって来シーズンがNY・シティでプレーする最後のシーズンとなる。

 これまで公式戦46試合で1得点8アシストを決めているピルロは、このことについて「今のところはそうなっているし、たっぷりと楽しみたい」と述べると、「良い形でシーズンを終えたいね。それからの事はその後に考えよう」と続け、新シーズンに向けて意気込みを語った。

 しかし、現役を引退することになるとしても、サッカーの世界から身を引くことはないようだ。

「引退してもサッカーの世界に残ることを断言するよ。まだ情熱に溢れているし、サッカーを見たり話したりしたいんだ。クラブ幹部、監督、まだどんなことをするかは分からない」

 ピルロの元同僚の多くは、引退後に監督業に転身し、様々なクラブで指揮を振るっている。ピルロは、その中でも特に北米サッカーリーグのマイアミFCで指揮を執るアレッサンドロ・ネスタ監督とイタリア・セリエBのピサを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督について触れた。

「頻繁に会うネスタは『絶対に監督になんてならない』って言っていたけど、今は監督業の事で頭が一杯だよ。それにガットゥーゾもピサで上手くやっているね。嬉しいよ」

 来季で契約満了を迎えるピルロ。現役引退後には一体どのような道を歩むことになるだろうか。

【了】

新着記事

↑top