リバプールとアーセナル、レスター守護神獲得に向けて夏に争奪戦も?

2017年02月12日(Sun)23時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

キャスパー・シュマイケル
レスター・シティのキャスパー・シュマイケル【写真:Getty Images】

 レスター・シティのデンマーク代表GKキャスパー・シュマイケルの獲得を目指し、アーセナルとリバプールが争奪戦を繰り広げることになるかもしれない。12日付の英紙『デイリー・スター』が伝えている。

 2011年に当時2部だったレスターに加入したシュマイケルは、6年間にわたり不動の守護神としてゴールを守り続けてきた。昨シーズンにはプレミアリーグ優勝の快挙に大きく貢献し、マンチェスター・ユナイテッドで活躍した父のピーター・シュマイケル氏に続き、史上2組目となる親子でのプレミアリーグ制覇を成し遂げた。

 すでに30歳と若くはないが、その活躍にはビッグクラブも目をつけているようだ。ともにGKに不安を抱えるリバプールとアーセナルが来シーズンに向けて獲得を検討しているという。また、シュマイケルがプロデビューを飾った古巣であるマンチェスター・シティも状況を注視していると伝えられている。

 リバプールはベルギー代表GKシモン・ミニョレとドイツ人GKロリス・カリウスがいずれも絶対的な存在ではなく、冬の移籍市場でもシュマイケルへの関心が噂されていた。一方のアーセナルはペトル・チェフという守護神がいるものの、今季終了時には35歳という年齢から、クラブは後継者の補強の必要を感じているかもしれない。

 リバプールとアーセナルは、シティからトリノにレンタルされているイングランド代表GKジョー・ハートに関心を抱いているとも報じられていた。夏の移籍市場では同じターゲットを巡って争うことになるのだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top

        プッシュ通知で最新情報をお届けします

        通知許可ポップが表示されたら
        許可ボタンを押してください

        • 後で
        • 最新情報を受け取る