女子アメリカ代表のキャプテンが代表引退。同国歴代2番目の通算311試合出場

2017年02月14日(Tue)13時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

クリスティ・ランポーン
女子アメリカ代表のクリスティ・ランポーン【写真:Getty Images】

 女子アメリカ代表でキャプテンを務める41歳のDFクリスティ・ランポーンが正式に代表引退を発表した。13日に米国メディア『フォックス・スポーツ』が報じている。

 ランポーンは女子アメリカ代表として通算311試合に出場。これはクリスティーン・リリー氏の通算354試合出場に次ぐ歴代2番目の記録となっている。1997年にプロキャリアをスタートさせ、女子アメリカ代表としてW杯に2度出場した。2015年W杯では最年長出場記録を更新している。

 なでしこジャパンとも多くの対戦経験がある。2011年W杯ではキャプテンとして女子アメリカ代表を統率し決勝に進出。最後はPK戦でなでしこジャパンに敗れたが歴史に残る一戦となっている。オリンピック出場の経験もあり、これまで女子アメリカ代表の中心選手として活躍してきた。

【了】

Recommended by

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top