アトレティコFWの”5分切り”もまだ遅い? 世界最速のハットトリック記録は…

2017年02月19日(Sun)17時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

サディオ・マネ
プレミアリーグ最速ハットトリックを記録したサディオ・マネ【写真:Getty Images】

 アトレティコ・マドリーのフランス代表FWケビン・ガメイロは、現地時間18日の試合でわずか4分45秒でのハットトリックを達成した。リーガエスパニョーラでは歴代2位の記録となったが、世界にはそれをさらに上回る記録も存在している。

 アトレティコがアウェイでスポルティング・ヒホンと対戦した試合に、ガメイロは62分から交代出場。80分から85分にかけて立て続けに3ゴールを記録し、4-1の勝利の立役者となった。

 1点目から3点目まで4分45秒という時間は、リーガの歴史上2番目に速いハットトリックだという。最速記録は、日本の鹿島アントラーズでもプレーした元ブラジル代表FWのベベット氏が保有している。1995年にデポルティボで達成した“4分“という記録だ。

 他国に目を向けると、2015年5月にはセネガル代表FWサディオ・マネ(現リバプール)がサウサンプトンで“2分56秒“でのハットトリックを達成。プレミアリーグの最速記録を更新した。ブンデスリーガでは、バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが2015年9月にリーグ最速となる“3分22秒“での3得点を達成している。

 さらに、ギネスブックに認定された“1分30秒“という世界最速記録も存在している。スコットランドのロス・カウンティでプレーしていたFWトミー・ロスが、1964年11月のネアン・カウンティ戦で記録したものだという。国際試合においては、元日本代表FWの中山雅史(現アスルクラロ沼津)が2000年2月のブルネイ戦でマークした試合開始から3分15秒でのハットトリックがギネス記録に認定されている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top