導入試験進むビデオ判定。米国ではベテランFWビジャが退場処分に

2017年02月19日(Sun)20時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

ダビド・ビジャ
ニューヨーク・シティFCのダビド・ビジャ【写真:Getty Images】

 メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCに所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャは、現地時間18日に行われたプレシーズンマッチの試合で、”ビデオ判定”による退場処分を受けた。英メディア『ESPN FC』などが伝えている。

 昨年12月に日本で開催されたFIFAクラブ・ワールドカップでも試験導入が行われたビデオアシスタントレフェリー(VARs)は、本格導入に向けて世界各地で引き続きテスト使用が行われている。米国も積極的に導入テストを行っている国のひとつだ。

 プレシーズンの「デザート・ダイアモンド・カップ」でもVARsが用いられた結果、ベテランストライカーのビジャがその判定の対象となった。ニューヨーク・シティFCが同じMLSのヒューストン・ダイナモに1-3で敗れた試合でのことだ。

 ビジャはこの試合の38分、ゴール前での競り合いで相手選手の顔面を殴った行為に対してイエローカードを受けた。だがVARsからの連絡を受けたとみられる主審はピッチ脇のモニターでリプレイを確認した上で、ビジャに改めてレッドカードを提示することになった。

 MLSでは、VARsの試験導入が成功を収めたとすれば、2017シーズンの後半戦で本格導入することを検討しているという。

【了】

新着記事

↑top