”お尻PK”でGKが2年間の出場停止処分。でんぐり返しに無人ゴール、全選手守備放棄も…

2017年02月23日(Thu)11時20分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

ベトナム
ベトナム【写真:Getty Images】

 現地時間19日にベトナムサッカーリーグ(ベトナム1部)の試合が行われ、ドンタム・ロンアンFCはタンフォー・ホーチミンFCと対戦。この試合中、審判の判定に抗議したロンアン所属のGKグエン・ミン・ニュットが試合放棄とも取れる行為を行ったことで、ベトナムサッカー連盟から2年間の出場停止処分を受けた。22日に英メディア『ユーロスポーツ』が報じている。

 問題のシーンは2-2で迎えた79分、ペナルティエリア内の競り合いの中でロンアンの選手がホーチミンの選手を倒したとしてホーチミンにPKのチャンスが与えられた。ロンアンの選手たちが審判に猛抗議したが判定は変わらず。

 そして、ホーチミンの選手がPKを蹴った瞬間、GKが反転してお尻を向ける体勢を取り、守る意思を見せることなくボールがゴールに吸い込まれた。さらに、全てのロンアンの選手が守備をすることなく相手選手をフリーにさせると、1vs1の状況となったGKが意味もないでんぐり返しをして追加点を決められた。

 そして、またも全てのロンアンの選手が守備を放棄するとGKもゴールから離れ、無人ゴールとなったところでホーチミンの選手に5点目を決められる。結局、試合は5-2でホーチミンの勝利に終わった。試合放棄とも取れる無気力試合を行ったことでGKには重い処分が下されている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top