プレミア夏の移籍市場、来季の締切日変更! シーズン開幕前の木曜日17時に終了

2017年09月08日(Fri)0時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

ロメル・ルカク
マンチェスター・ユナイテッドに加入したロメル・ルカク【写真:Getty Images】

 2018/2019シーズンから、プレミアリーグの夏の移籍市場がシーズン開幕前の木曜日17:00に閉まる見通しとなった。7日に英メディア『BBC』が報じている。

 同メディアによると、「夏の移籍市場がシーズン開幕前に終了する案」をプレミアリーグの複数のクラブが支持し、投票で決まったとのこと。満場一致ではなかったものの、来年からシーズン開幕前の木曜日17:00に閉まることになる。つまり、2018/2019シーズンに関しては8月9日までだ。

 ただし、選手の売却に関しては通常通り8月31日まで可能。そのため、他国のリーグは選手の引き抜きを行うことが出来る。現在、夏の移籍マーケットは8月31日まで開いているが、8月11日にプレミアリーグが開幕して以降も移籍が繰り返されたことから、多くのクラブが影響を受けることになった。

 最後まで移籍の噂で振り回されたレスター・シティのイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターは8月31日にチェルシーに移籍し、マンチェスター・シティ移籍の可能性が取り沙汰されていたアーセナル所属のチリ代表FWアレクシス・サンチェスは結局チームに残留している。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top