チェルシー新エースがチャントに不快感。クラブが即中止を求めるその理由は…

2017年09月10日(Sun)9時11分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

アルバロ・モラタ
アルバロ・モラタ【写真:Getty Images】

 チェルシーのFWアルバロ・モラタが、ファンのチャントに不快感を示した。チェルシーはそのようなチャントをやめるよう求めている。英メディア『BBC』などが伝えた。

 現地時間9日、チェルシーはレスター・シティと対戦して2-1の勝利を収めた。敵地まで駆けつけたファンは試合後、得点を決めたモラタを称えてチャントを歌ったが、これが予想外の方向で話題になっている。

 チェルシーファンがモラタに捧げたチャントは、「彼(モラタ)はレアル・マドリーからやってきた。彼はくそったれのYidsが大嫌いだ」というもの。「Yids」はチェルシーのライバルクラブであるトッテナムを指す。このフレーズ自体にネガティブな意味はなく、トッテナムのサポーターが自分たちのことを「Yids」と呼ぶことがあるほどだが、本来はユダヤ人に対する差別的な単語だという。

 チェルシー広報のスティーブ・アトキンス氏は「クラブも選手たちも、ファンのサポートに感謝している」と前置きしつつ、「試合後にアルバロと話したが、彼はそのような歌と結びつきたくないと思っている。選手とクラブは、ファンにその歌の使用を即座にやめることを求めている」と語った。

 モラタは試合後、「ここに到着したその日から毎日サポートを感じている。誰もがみんなをリスペクトすることを願う」とツイートし、具体的な内容は出さなかったものの、問題のチャントについて快く思っていないことは明らかだ。

 夏の移籍市場でチェルシーの一員となったモラタは、すでにプレミアリーグで3ゴールを挙げている。選手がファンの期待に応えたように、ファンも選手の期待に応えられるだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top