元U-21スロバキア代表DF、25歳で突然の死去。プレミアリーグでも出場経験

2017年11月06日(Mon)19時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

ディオナタン・テイシェイラ
元ストーク・シティのディオナタン・テイシェイラ【写真:Getty Images】

 プレミアリーグのストーク・シティは5日、過去に同クラブに所属した元U-21スロバキア代表DFのディオナタン・テイシェイラが死去したことを発表した。25歳だった。英メディア『BBC』などによれば、死因は心臓発作だとみられるとのことだ。

「ストーク・シティの元DFであるディオナタン・テイシェイラが25歳で突然亡くなりました。遺族に心からの追悼の意を表します」とクラブの声明には記されている。トニー・スコールズCEOは、「ディオナタンはチームの中で人気者だった。これほど若くして亡くなったことは受け入れがたい」とコメントを述べた。

 テイシェイラが最後に所属していたモルドバのシェリフ・ティラスポリの発表によれば、同選手は今年夏に生まれ故郷のブラジルに帰国したあと、再合流を予定していたが戻らなかったとのこと。「誰もが彼が戻ってくるのを待っていた。彼は永遠に我々の心に残る」と述べられている。

 テイシェイラはブラジルで生まれ、16歳の時に欧州に渡ってスロバキアのクラブに加入。2013年にはスロバキアのパスポートを取得し、同国U-21代表でもプレーした。

 スロバキアの複数クラブを経て2014年にはストークへ移籍し、2014/15シーズンと15/16シーズンのプレミアリーグで各1試合に出場。今年1月にストークを退団したあとシェリフに加入し、昨季のモルドバリーグ優勝に貢献していた。

【了】

新着記事

↑top