イスラエル代表FW、胸にボールを受け生命の危機に。救命措置で一命取り留める

2017年11月13日(Mon)18時02分配信

photo Getty Images
Tags: ,

エルヤニフ・バルダ
ハポエル・ベア・シェバのエルヤニフ・バルダ【写真:Getty Images】

 イスラエル1部のハポエル・ベア・シェバに所属するFWエルヤニフ・バルダは、練習中にサッカーボールを胸に受けたことで心停止の危機に陥ったが、適切な救命措置により一命を取り留めた。スペイン『EFE通信』が12日付で伝えている。

 バルダは今月7日の練習中に強烈なボールを胸に受け、心臓への影響により生命が危うい状況に陥ったという。メディカルスタッフが人工呼吸と心臓マッサージを施したことに加え、到着した救急隊員がAED(自動体外式除細動器)による4度の電気ショックを与えたことで、心臓の動きを回復させられたとのことだ。

 12日にはバルダは病院から退院することができたようだ。良好な状態ではあるが、「心臓はまだ完全には回復していない」として、「今後数週間はプレーしないことが望ましい」と医師によるコメントが伝えられている。

 現在35歳のバルダはベルギーで長年プレーした経験もあり、2015/16シーズンにはイスラエルリーグの最優秀選手に選ばれるなどチームのスター選手。イスラエル代表としても37試合の出場歴がある。

【了】

新着記事

↑top