“2メートル男”クラウチがプレミア新記録樹立。本人は「誇っていいのだろうか?」

2017年11月21日(Tue)21時18分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ピーター・クラウチ
ストーク・シティのピーター・クラウチ【写真:Getty Images】

 プレミアリーグ第12節の試合が現地時間の20日に行われ、ブライトンとストーク・シティが対戦して2-2のドローに終わった。ストークの元イングランド代表FWピーター・クラウチは、この試合でひとつのプレミアリーグ新記録を達成している。

 ベンチスタートだったクラウチは、73分からの交代で出場。英紙『デイリー・メール』などが伝えたところによれば、通算143回目の交代出場はプレミアリーグの歴代最多記録となった。過去の記録は、ニューカッスルなどでプレーした元ナイジェリア代表FWショラ・アメオビが2000年から2015年にかけて達成していた。

 過去にアストン・ビラやリバプール、トッテナムなどでプレーしたクラウチは、プレミアリーグで通算439試合に出場。全出場試合の約3分の1が交代での出場となっている。

 先発で出場するより、交代での出場の方が結果を出しているというデータもある。先発出場した試合では平均271分間に1ゴールを記録しているのに対し、交代出場では平均162分間で1ゴールを挙げているという。

 とはいえ、選手としてはやはり先発でプレーしたいものかもしれない。クラウチは自身のツイッターアカウントで、この記録について「誇っていいのだろうか?」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top