レアル、クラブW杯ではカードに注意が必要。退場なら“クラシコ出場停止”も

2017年12月13日(Wed)12時41分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

レアル・マドリー
クラブW杯に臨むレアル・マドリー【写真:Getty Images】

 FIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)に出場するレアル・マドリーの選手たちは、レッドカードを受けてしまわないように十分注意する必要がありそうだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 大会史上初の連覇を目指す欧州王者のマドリーは、現地時間13日に行われる準決勝から登場。アジア王者の浦和レッズを破って準決勝へ進んだ開催国UAE王者のアル・ジャジーラと対戦する。

 準決勝に勝っても負けても、マドリーはこの大会でもう1試合、3位決定戦または決勝を戦う。大会の最後の試合でレッドカードを受けた選手が出た場合、出場停止処分は「クラブの次の公式戦」に適用されることが国際サッカー連盟(FIFA)の規定で定められている。

 クラブW杯を終えたマドリーが次に戦う試合は、23日に行われるリーガエスパニョーラ第17節、宿敵バルセロナとの“エル・クラシコ”だ。クラブW杯では優勝を狙うだけでなく、カードにも十分に気をつけなければならない。

 この規定が適用された例は過去にも存在する。2012年のクラブW杯決勝で退場となったチェルシーのDFガリー・ケーヒルは、その次に公式戦であるリーグカップのリーズ・ユナイテッド戦に出場できなかった。

【了】

新着記事

↑top