柴崎岳、見せ場なく交代。PK3回の乱戦でヘタフェはドロー

2018年01月20日(Sat)6時51分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20171209_shibasaki_getty
ヘタフェのMF柴崎岳【写真:Getty Images】

【ヘタフェ 2-2 アスレティック・ビルバオ リーガエスパニョーラ第20節】

 現地時間19日に行われたリーガエスパニョーラ第20節でヘタフェはアスレティック・ビルバオをホームに迎え、2-2の引き分けで試合を終えた。柴崎岳は先発出場し、56分までプレーしている。

 ヘタフェはワントップのモリーナの下に柴崎を置く布陣でスタートしたが、出鼻をくじかれた。

 アスレティックは13分、左サイドのラポルテが敵陣に入ったところで右前方に大きなボールを入れると、イニャキ・ウィリアムスがダイレクトで中へ。これが絶妙なループシュートとなり、そのまま先制点となった。

 ヘタフェは21分、モリーナが自ら獲得したPKを決めて同点に追いつく。しかし、後半の立ち上がりには途中出場で入ったばかりのモリネーロがファウルをとられてPKを献上。ラウール・ガルシアに勝ち越し弾を許した。

 PKの応酬はまだ終わらず、50分にはモリーナがGKに倒されて再びPKを得た。だが、この日2度目のPKを担当したモリーナはGKに止められてしまい、追いつくことはできない。

 ヘタフェは56分、目立った活躍のなかった柴崎を下げてアンヘルを起用すると、この交代が的中する。74分、ポルティージョのパスを受けたアンヘルがゴールを奪い、2-2になった。

 終盤はアンヘルがチャンスに顔を出してヘタフェが逆転に迫るものの、3点目は奪えず。2-2のまま試合終了のホイッスルが鳴った。

【得点者】
13分 0-1 イニャキ・ウィリアムス(アスレティック)
21分 1-1 モリーナ(ヘタフェ)
48分 1-2 ラウール・ガルシア(アスレティック)
74分 2-2 アンヘル(ヘタフェ)

【了】

新着記事

↑top