ビルバオDF、がん乗り越え90分間フル出場。「世界がんデー」での復帰果たす

2018年02月05日(Mon)21時30分配信

photo Getty Images
Tags: ,

20180205yeray1_getty
がんの再発を乗り越え戦列復帰を果たしたDFイェライ・アルバレス【写真:Getty Images】

 アスレティック・ビルバオに所属するDFイェライ・アルバレスが、戦列復帰を果たした。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 4日、スペイン・リーガエスパニョーラ第22節のジローナ対ビルバオの試合が行われ2-0でホームのジローナが勝利。ビルバオは敗北を喫してはしまったものの、昨年6月に精巣がんの再発が発覚していたクラブの生え抜きDFイェライが259日ぶりにピッチに姿を見せた。

 イェライは、リーガ第18節のアラベス戦、21節のエイバル戦で既にベンチ入りメンバーには入っていたものの、出場することはなかった。「世界がんデー」とされる2月4日に復帰を果たすことができたことは、本人にとっても特別な意味を持ったはずだ。

 「世界がんデーの復帰は、克服できるということへのお手本だ。僕はサッカー選手としてだけではなくて、一人の人間としても成長することができた。ピッチに立つことができてとても幸せだ」

 昨年にがんの再発が発覚した際は、ビルバオのチームメイト全員が頭を坊主にして共に闘う姿勢を示していた。イェライの戦列復帰は、選手個人でなくチーム全体にとっても嬉しいニュースとなった。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top