三浦俊也とレ・コン・ビン、強力タッグ再結成。ベトナムの英雄率いる新興クラブの野心

ベトナム1部のホーチミン・シティFCは、今季から三浦俊也監督を招聘した。かつてベトナム代表監督も務めた日本人指揮官を招いたのは、こちらも日本でお馴染みのレ・コン・ビンだった。北海道コンサドーレ札幌でも活躍したベトナムの英雄は、現役引退後すぐにクラブの会長に就任し、先頭に立って野心溢れる大改革を進めている。(取材・文:宇佐美淳【ベトナム】)

2018年02月10日(Sat)10時20分配信

text by 宇佐美淳 photo Jun Usami
Tags: , , , , ,

三浦俊也氏が再びベトナムへ

三浦俊也
三浦俊也氏(左)が愛弟子レ・コン・ビン会長(右)のいるホーチミン・シティFCで監督に就任【写真:宇佐美淳】

 かつてJリーグで大宮アルディージャ、北海道コンサドーレ札幌、ヴィッセル神戸、ヴァンフォーレ甲府などを率いた三浦俊也氏(54)が今年1月初め、ベトナム1部ホーチミン・シティFC(HCMC)の監督に就任した。

 同氏は、2014年5月から2016年1月までベトナム代表監督(U-23代表兼任)を務めており、約2年ぶりにベトナムで指揮を執ることになった。HCMCとの契約期間は2年。地元紙によると、月俸は1万5000~2万ドル(約164万~219万円)とされている。

 今回、三浦氏に監督就任のオファーを出したのは、“ベトナムの英雄”として知られるレ・コン・ビン会長(32)だった。同会長は現役時代にベトナム代表として通算83試合に出場して51得点、いずれも歴代最多の記録を残している。

 三浦監督がベトナム代表を率いていたときも招集されていたため、2人はかつて師弟関係にあったことになる。また、レ・コン・ビン会長はベトナム人初のJリーガーとして、当時J2の札幌でプレーしたことがあり、日本でもお馴染みの存在だ。

1 2

新着記事

FChan TV

↑top