C・ロナ、意外にも好調!?リーグ戦直近4試合は7G2A。好調のままPSG戦へ

2018年02月11日(Sun)15時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

20180211ronaldo_getty
レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが好調ぶりを発揮している。

 現地時間10日、レアル・マドリーはリーガエスパニョーラ第23節でレアル・ソシエダと対戦。相手に2失点を食らうなど守備に不安を残す結果となったものの、エースのハットトリック含む5発で快勝を収めている。

 今季チームと共に低調ぶりが指摘されていたロナウドは、意外にもここ最近は好調をキープしている。リーグ戦直近4試合では、22節のレバンテ戦を除いてすべての試合でゴール。今季それまでリーグ戦では4ゴールしかあげることのできていなかった状況を考慮すれば、7ゴール2アシストという記録は調子を上げている証拠となるだろう。

 またその7ゴールの内訳は、センタリングからのシュートが2ゴール、センタリングからのヘディングシュートが2ゴール、こぼれ球に合わせたのが1ゴール、PKが2ゴールと多彩だ。もともとどこからでもゴールを決められる選手であったロナウドだが、ここにきて復調の兆しが見られている。

 今月の14日には、ホームでチャンピオンズリーグ決勝トーナメントの1stレグを戦うレアル・マドリー。ネイマールらタレント擁するパリ・サンジェルマンとの一戦では、復活したエースの姿を見ることはできるのだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top