リバプールの俊足FWが“左足の神”に並ぶ19得点! 加入初年度でプレミア記録更新に王手

2018年02月13日(Tue)7時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

モハメド・サラー
リバプールに所属するモハメド・サラー【写真:Getty Images】

 現地時間11日にプレミアリーグ第27節の試合が行われ、リバプールはサウサンプトンと対戦し2-0の勝利をおさめた。この試合で、リバプールに所属する25歳のエジプト代表FWモハメド・サラーが、偉大な記録に並ぶゴールを決めたと12日に英紙『メトロ』が報じている。

 1点リードして迎えた42分、ロベルト・フィルミーノのヒールパスに抜け出したサラーが左足でゴールを決めた。同紙によると、今回の得点は左足を使って決めた今季リーグ戦19得点目になったという。“ゴッド(神)”の愛称で知られるロビー・ファウラー氏の記録に並んだとのこと。

 ファウラー氏は1993年から2001年までリバプールでプレーしたクラブのレジェンドだ。1994/1995シーズンはリーグ戦42試合に出場し25得点を記録している。このうち19得点を左足で決めており、現在もプレミアリーグ記録として破られていない。

 昨年夏にリバプールは移籍金3700万ポンド(約52億円)を支払ってローマからサラーを獲得した。高額投資となったが、加入初年度で今季公式戦35試合に出場し29得点10アシストを記録するなど、支払った額に見合う活躍を見せている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top