アレクシス・サンチェス
ユナイテッドに所属するアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

 冬の移籍市場でアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した29歳のチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、1月のユニフォーム売り上げランキングで1位を記録した。英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 同紙によると、1月1日以降サンチェスのユニフォームの売り上げが急増し、プレミアリーグのどの選手よりもユニフォームが売れたという。2位はユナイテッドに所属するポール・ポグバのユニフォームで、3位には現在プレミアリーグトップの得点数を叩き出しているトッテナム所属のハリー・ケインが入った。

 4位は昨年夏の移籍市場でローマからリバプールに加入したエジプト代表FWモハメド・サラー。5位はチェルシーのエデン・アザールが続いている。そして、6位には意外にもフィリッペ・コウチーニョがランクインした。リバプールからバルセロナに移籍したものの、英国でコウチーニョのユニフォームが売れているようだ。

 7位にはマンチェスター・シティの“アシスト王”ケビン・デ・ブルイネが入り、8位にはアーセナル所属のメスト・エジルが入っている。そして9位にリバプールのロベルト・フィルミーノ、10位にユナイテッドのズラタン・イブラヒモビッチが続いた。トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンは15位となっている。上位20人のユニフォーム売り上げランキングは以下の通り。

【上位20人のユニフォーム売り上げランキング(プレミアリーグでプレーした経験のある選手)】
1位 アレクシス・サンチェス(ユナイテッド)
2位 ポール・ポグバ(ユナイテッド)
3位 ハリー・ケイン(トッテナム)
4位 モハメド・サラー(リバプール)
5位 エデン・アザール(チェルシー)
6位 フィリッペ・コウチーニョ(バルセロナ)
7位 ケビン・デ・ブルイネ(シティ)
8位 メスト・エジル(アーセナル)
9位 ロベルト・フィルミーノ(リバプール)
10位 ズラタン・イブラヒモビッチ(ユナイテッド)
11位 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
12位 セルヒオ・アグエロ(シティ)
13位 ロメル・ルカク(ユナイテッド)
14位 ダビド・デ・ヘア(ユナイテッド)
15位 ソン・フンミン(トッテナム)
16位 フィルジル・ファン・ダイク(リバプール)
17位 デレ・アリ(トッテナム)
18位 マーカス・ラッシュフォード(ユナイテッド)
19位 ヘンリク・ムヒタリアン(アーセナル)
20位 クリスティアン・エリクセン(トッテナム)

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top