インテル、6試合ぶり黒星で3位浮上の好機逃す。トリノ戦で6試合ぶりに失点

2018年04月08日(Sun)21時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20180409_inter_getty
インテル、トリノに敗れる【写真:Getty Images】

【トリノ 1-0 インテル セリエA第31節】

 現地時間8日に行われたセリエA第31節でインテルはトリノと対戦し、敵地で0-1と敗れた。

 前節ミラノダービーで引き分けたインテルは、7日の試合でローマがフィオレンティーナに敗れ、3位浮上のチャンス。11分、相手GKが前に出て弾いたボールを拾ったペリシッチがループでゴールを狙うが、ボールが浮ききらずGKの正面に蹴ってしまう。13分にはイカルディのボレーが枠をとらえたが、シリグのファインセーブに阻まれた。

 好機をいかせなかったインテルは、31分に失点する。カウンターを仕掛けて前を向いたベロッティからペリシッチがボールを奪うも、触ったボールがトリノの右サイドに転がってデ・シルベストリがクロス。これを元インテルのリャイッチに決められてしまった。インテルは6試合ぶりの失点だ。

 1点を追うインテルは、後半に猛攻を見せる。70分にはラフィーニャが惜しいシュートを放ったが、ポストに嫌われてゴールならず。

 終盤には最後の交代カードを切ってダンブロージオを下げてラノッキアを投入しパワープレーに出るも、同点弾は決まらなかった。

 0-1で敗れたインテルは、6試合ぶりの黒星。3位浮上のチャンスを逃すと同時に、5位ラツィオに抜かれる可能性が浮上している。

【得点者】
31分 1-0 リャイッチ(トリノ)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top