優勝束の間…マンCに「補強禁止処分」の可能性浮上。未成年者の国際移籍違反か

2018年04月17日(Tue)11時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

マンチェスター・シティ
マンチェスター・シティ【写真:Getty Images】

 プレミアリーグ優勝を果たしたマンチェスター・シティが、補強禁止処分の対象になる可能性があるようだ。16日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

 同紙によると、シティは2016年に当時16歳だったベンジャミン・ガレをアルゼンチン1部のCAベレス・サルスフィエルドから獲得しているが、これが国際サッカー連盟(FIFA)が定める未成年者の国際移籍の規定違反にあたる可能性があるとのこと。

 違反であると認められた場合は、今夏の移籍市場と来年冬の移籍市場の2回にわたって補強が出来なくなる。過去にアトレティコ・マドリーが同様の事件で補強禁止処分を受けていた。シティはガレを高く評価しており、17歳ながら下部組織のU-23でプレーしている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top